iPhone8、iPhoneXが発表されて賑わうスマホ市場ですが、2017年におけるコスパ最強スマホはどのスマホでしょうか。ひとえにコストパフォーマンスと言っても、ユーザによってスマホを選ぶ基準が異なりますが、処理性能は大きな指標です。そこで、ベンチマーク、機能を基に、iPhoneとandroidを比較していきたいと思います。

iPhone 8
15

ベンチマーク  226000
機能     ワイヤレス充電、防水
価格        79000円
何よりも注目なのは圧倒的な処理性能です。ベンチマークソフトによる計測結果では、現行のスマホの中でダントツです。現状ではここまで高い処理性能は不要かもしれませんが、今後、ゲームやAI機能の発展で必要になることが予想されています。
新機能としては、プラグの接続を必要としないワイヤレス充電が注目です。apple watchやAirPodsも同時に充電できるので、電源周りがスッキリさせることができるでしょう。

Galaxy 8
53

ベンチマーク 172600
機能                   虹彩認証、防水   
価格         69000円
iPhoneの対抗馬として呼び声の高いGalaxyの最新機種。最大の特徴はベゼルレスのディスプレイと最新の虹彩認証です。スマホの画面に現れる円に目を合わせることで認証が可能です。まだまだ未熟な認証方式であるため、認証精度や使い勝手が気になります。

Xperia XZ premium
14

ベンチマーク 180000
機能     ハイレゾ、防水
価格       71000円
Sonyの最新機種ですが他社と比較すると、値段の割に打ちだせるものが少ないです。ハイレゾを売りにしていますが、オーディオマニアにしか刺さらない気がします。

Mi6
20

ベンチマーク     184000
機能      防水
価格              48000円
日本未発売のxiaomi mi6。
高い処理の割に、価格が安いのが特徴です。高速充電が売りのようですが、他社も同程度なのでそこまで評価の対象にはならないでしょう。


LeEco Le 3
32

ベンチマーク      156000
機能      指紋認証
価格        26000円
こちらも日本未発売。ベンチマークのみで言えばiPhone7に近いレベルの製品ですが、26000円と破格です。機能的には特に注目すべきものはありませんね。

Huawei P10 lite
00

ベンチマーク         60000
機能      指紋認証
価格       27000円
日本でも購入可能なスタンダードモデルのスマホです。値段は27000と安い反面、処理性能は、まぁ相応といったところです。

まとめ
ベンチマークと価格の関係をグラフにするとこんな感じ↓
001
LeEco Le 3のコスパが非常に高いことがわあかります。重いゲームも十分可能で、2万6千円のスマホはなかなかないでしょう。よって、コスパ最強スマホはLeEco Le 3に決定したいと思います。