ヘッドマウントディスプレイとは、メガネのようにかけることで視野全体をディスプレイで覆い隠すようなディスプレイです。20年以上前に開発されたバーチャルボーイもヘッドマウントディスプレイですが、発想が未来すぎてあまり売れなかったようです。

 

そんなHMDですが、最近ではディスプレイの解像度が向上し、小型化も進んだことで実用できなディスプレになりつつあります。このプチHMDブームの立役者となったOculus Riftは広い視野角と3D映像を投影することでさらなるリアリティを生み出しています。
 そのリアリティの高さによってかけたひとは現実を忘れるほどの衝撃を味わうことができます。

 

現状、日本では発売がありませんが2016年の上半期には発売になるということで、注目が集まっています。 

 今遊べるHMDは?
  とはいえ現在でも十分遊べるHMDがあります。それが、sonyのHMZ。

 値段は少々高めですがホームシアターセットを揃えるよりは低価格で映画館さながらの映像を楽しむことができます。没入感のある映像を楽しみたいゲーマーにとっても非常におすすめです。この夏、インドアの趣味を楽しみたい方におすすめのアイテムです。