コスパ最強伝説

コスパ厨のための情報サイト

2014年にApple Watchが発表されて以来、各社スマートウォッチを発表しています。
が・・・昨年は大ヒット商品が出ず、感触としてもいまいち。
しかし、今年2015年はApple Watchが発売されるという事もあり、世の中に普及していく事が期待されます。ってことでいまいち理解されていないスマートウォッチの使い道をまとめてみます。

1 時計
 
ウォッチっていってるくらいので時計として使える。
デザインをいろいろ変えて楽しむ事が出来るのが利点です。

2 電話
3G対応しているものであればsimカードをさしてスマホと同様に使用可能です。

3 健康管理
脈拍や歩数計測機能が標準搭載されている物がほとんどなのでヘルスケアデバイスとしての使用も可能です。

4 情報の通知
SNS関連の通知機能もメイン機能の1つです。
ツイートも出来ちゃう。

5 カメラ機能
手元の時計でパシャッとできるのも大きな特徴。
突然のシャッターチャンスに対応できます。


まだまだ課題がある
いまのところどの製品も電池持ちが1日〜2日なので、毎日忘れずに充電しなければならないのが問題です。充電が必要なデバイスがどんどん増えているのでできるだけ少ない頻度で長時間稼働可能なものにしてほしいところです。優位性のある機能の少なさも課題です。スマートウォッチだからこそできる便利機能が現状ヘルスケア機能くらいしかありません(Bluetoothヘッドフォンをつかえばハンズフリーだし・・・)。
 
さいごに
まだまだ発展途上ですが期待感はあります。
個人的には電池持ちが2倍になってくれれば時計としての運用が可能なので買いたいですね。 

N853_usuguraiapa-tonorouka500

家選びをする際には色んな観点で選びますが、100%満足のいく家を選ぶのはなかなか難しいものです。その人のライフスタイルによって重要なポイントも大きく変わってくるので一概には言えませんが 、ある程度共通している要素もあります。
なので、今回は実際に重要だと感じた家選びの観点をランキングにしてみました。

5位 家の形
家賃が安いからと言ってへんな形の家を選ぶと最悪です。
ちょうどいいサイズのベッドが入らなかったり、デットスペースができてしまったりと部屋作りがうまく行きません。長方形以外の部屋を借りようとしている場合はしっかりと寸法をはかり、自分の理想の配置が出来る事を確認した上で借りるようにしましょう。
4位 湿気
意外と気づきにくいのが湿気。
最初のうちは気づかなかったけど雨が増えてくるとじめじめがひどくなりカビが生えたという話も聞きます。鉄筋コンクリートのマンションの一回は要注意です。

3位 駅までの距離
毎日電車に乗らない人でも、休日に電車に乗る用事があるひとにとっては重要な要素です。
駅から遠すぎると外出するのが億劫になってしまったり、帰りに家までかえるのがうんざりしてしまいます。歩いて10分以内が理想。

2位 職場・学校への距離
毎日行かなければならないので、超重要です。
一人暮らしで自由な選択ができるのに乗り換えが必要な駅を選ぶのはやめましょう。
そのうち乗り換えが嫌になります。
あと、自転車・バイク通勤を考えている人は雨天の通勤方法も考えた上で選ばないと痛い目をみることになるので注意。
1位  静かさ
車の通りが激しい場合や隣人がうるさいと家という空間が苦痛になってしまいます。
しかも、自分でかえる事も出来ないので結局引っ越すことになってしまいます。
まずは周りがうるさくないか確かめましょう。通りに面している場合は要注意です。